ウエイト調節に役立つ!水面でウエイトを脱着する方法!

水面でウエイト脱着ができることによって、ダイビング前にウエイト量の調節ができるようになります!

足らない分のウエイトを足したり、重すぎる分のウエイトを減らしたりすることによって、適正浮力にすることができるんです(^^♪

これを知っておくと、バディにウエイトを分けてあげることも可能になりますよ^^

それでは、ご説明をさせていただきます(^^♪

ウエイト脱着とエマージェンシー・ウエイト・ドロップとの違い

エマージェンシー・ウエイト・ドロップは、緊急時に浮力を確保するスキルなのに対して、ウエイト脱着は、ウエイトを水面で調節するためのスキルとなります。

なので、取り外して元通りにするまでがウエイト脱着となるのです(^^♪

緊急時の対処は大切!エマージェンシー・ウエイト・ドロップ

水面でウエイト脱着の方法

水面でウエイト脱着の方法をお伝えしたいと思います^^

器材によって方法が変わってきますが、ウエイトベルトを使用していると仮定してご説明をさせていただきます。

浮力の確保をする

ダイビングでは、水面での浮力の確保がルールです。

沈んでしまわないように、しっかりと浮力の確保をするようにしましょう(^^♪

理想はバディ同士でおこなう

ウエイト脱着は、バディ同士でお互い助け合っておこなうのが理想です。

2人同時におこなうのではなく、ひとりずつスキルをおこなうようにしましょう^^

ひとりでおこなう場合はちょっとしたコツが必要になる

ひとりでおこなう場合は、この動画のようにおこないます。

こうすると、スムーズにウエイト脱着することができますよ(^^♪

ウエイト脱着の注意点

ウエイト脱着のスキルをおこなうにあたって、2つのことに注意をしなくてはいけません。

途中でウエイトを落とさないようにする

途中でウエイトを落としてしまわないように、しっかりと持っておくようにしましょう(^^♪

バディ同士でおこなっている場合にはバディが離さないようにし、ひとりでおこなっている場合は、右手でしっかりとベルトを持っているようにしましょう^^

ゲージ類を巻きこまないようにする

ゲージ類が巻き込んでいると、思うようにダイビングができなくなるので、非常にストレスを感じます。

なので、ウエイト脱着がおわったあとには必ずゲージ類が巻きこんでいないか確認するように心掛けます。

まとめ

ウエイト脱着のスキルができることによって、ウエイト量を水面で調節することが可能になります。

ということは、手間がかなり省けるということです^^

バディ同士でおこなうのが理想ですが、ベテランダイバーになり、ひとりでおこなえるのであればひとりでも構いません。

ウエイト脱着をおこなうのに、2つの注意点を忘れないようにおこなうようにしてくださいね(^^♪

メニューの確認はこちらをクリック!

お問い合わせはこちらをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

takahiro

e-diving代表 たかひろ(28) 超~がつくほど、ダイビング好き!! 「海から見上げる太陽」と「無重力感」に感動し、ダイビングの虜に。ダイビングインストラクターとして、お客さまに「ダイビングって、最高。」って感じてもらえるよう、まごころ込めてダイビングサービスを提供中! 群馬県出身/1989.09.19/B型/おとめ座