水中での泳ぎ方をスマートに!トリムを整えよう!

トリムとは、余分な動きをなくし、水中で無駄のない姿勢を取りましょう!ということです。

なぜ、トリムが大切かというと体力を無駄遣いすることなく、水底などにむやみに接触するのを防いでくれるからです!

中性浮力を取れるようになったら、水中での姿勢をチェックしながら泳ぐと、だんだんときれいに泳げるようになりますよ(^^♪

トリムについて、ご説明をさせていただきます^^

スマートな泳ぎ方はこれ!

水中で手足をたくさんバタバタしていると、正直格好悪いです。

水中では、手をつかわないで足だけで泳ぐようにします。

最初はバランスを取るのに、手をつかいたくなる気持ちはわかりますが、バランスを取るのに手をつかってしまうと、癖になってしまいます。

ですので、手はつかわず呼吸のコントロールで中性浮力を保つようにしてください!

じっと中層に浮かんでいるより、泳いでいるほうがバランスがとりやすいので、まずは泳ぎながら練習をしていきましょう(^^♪

中性浮力については、こちらの動画をご覧ください!

トリムを上手に整えるコツ

結果、ダイビングの数を増やすことが最大の近道にはなるのですが、ちょっとしたコツがありますので、お伝えしたいと思います。

以下のことを意識しながら、トリムを調整してみてください^^

水面または水底と水平になっているか確認する

トリムを調整するのに、水面または水底と水平になっているか確認します。

頭が下がって足が上がった状態や頭が上がって足が下がった状態は、スマートとは言えません。

ですので、水平に泳ぐように意識をもっていき、トリムを調整します^^

器材とウエイトを正しい位置になっているか確認する

最初は気付きにくいものですが経験を積んでいくうちに、自然と正しい位置になるように調整できるようになります。

最初のうちは、インストラクターと一緒に位置の確認をしていきます(^^♪

専門コースを受けることで、スキルアップをする

PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・コースがというものがあります。

中性浮力とトリムについてさらに詳しく学ぶことができるコースとなっていますので、すぐにマスターするのであれば受講をおすすめします。

水中で浮きも沈みもしない「中性浮力」の状態をとることは、快適に水中を移動するうえでも、サンゴの群生などの水中環境を傷つけないようにするためにも大切なこと。

中性浮力をとるためのテクニックはオープン・ウォーター・ダイバー・コースでも学びますが、このコースでは、タンクやスーツの種類ごとにウエイト量を調節する知識から、BCDや呼吸による浮力コントロールのコツまで、より詳しくマスターし、水中で思い通りにピタッと静止することができるようになります。

これができれば、ドロップオフもなんのその。空気や体力の節約にもつながり、いいこと尽くしです。

参加前条件

PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上

講習内容

レクチャー&海洋実習2ダイブ

コースを修了すると・・・

浮力コントロールにみがきをかけることによって、無駄な動きがなくなり、エアの消費も少なくなります。

引用:https://www.padi.co.jp/scuba-diving/padi-courses/course-catalog/peak-performance-buoyancy-course/

まとめ

水中でスマートに動くには、中性浮力とトリムが大切になってきます。

このトリムの調整が上手にできるようになると、疲れにくくなり水底にも接触しないので、水中環境にも良い影響を与えます。

中性浮力とトリム。是非マスターしましょう(^^♪

ABOUTこの記事をかいた人

takahiro

e-diving代表 たかひろ(28) 超~がつくほど、ダイビング好き!! 「海から見上げる太陽」と「無重力感」に感動し、ダイビングの虜に。ダイビングインストラクターとして、お客さまに「ダイビングって、最高。」って感じてもらえるよう、まごころ込めてダイビングサービスを提供中! 群馬県出身/1989.09.19/B型/おとめ座