コンディションの評価は、とても重要なスキルです。

ダイビングにとって、とても重要なスキルです。

それは、あなた自身のコンディションの評価です!

ダイビングをするにあたっては、さまざまな要素が関わってきます。

それらを、あなた自身で評価します。

そして、最終的にダイビングをするかしないかを決定するのはあなた自身です。

とても、重要なスキルになりますので、ご紹介していきますね(^^♪

コンディションの評価の仕方

天候

雨が強く降っていたり、風が強かったりすると、ダイビングに影響がでます。

天候のコンディション評価は、比較的やりやすいです。

風が強すぎたりしたら、ダイビングはしないほうがよいでしょう。

季節

春夏秋冬によって、水温や、見れる水中生物・透視度などのさまざまな変化が楽しめます。

ダイビングは、オールシーズン楽しめるスポーツではありますが、その季節にあった保護スーツをきたり、ダイビングの楽しみ方が変わってくるので、そのシーズンに適したダイビングをするようにしましょう!

水の動き

波を大きく動いていたり、うねっていたりしたらダイビングは中止しましょう!

なぜかというと、人間は自然には逆らえません。

むしろ、逆らってはいけません!

波が大きかったり、水の動きが早かったりしたら中止しましょう!

ダイビングポイントの情報

通常、ダイビングをしたことのないダイビングポイントでは、そのポイントに詳しいダイビングインストラクターのガイドを付けることを強く推奨します!

なぜかというと、そのダイビングポイントの見所や、気を付けなくてはいけないことを、ガイドは知っているからです。

ダイビングをするかしないかの評価は重要です!

コンディションの評価をし、そのダイビングポイントに対して不安な気持ちになったら、安心してダイビングをできるポイントを探しましょう!

もし、「時間的に」・「物理的に」難しそうであれば、ダイビングを中止することです。

最終的な決定権はあなた自身です。

不安な気持ちや心配事、あなた自身のダイビングの限度は、あなた自身がいちばんよくわかっているはずです。

ダイビングは、無理して楽しむスポーツではありません。

ですので、その環境に合ったダイビングの仕方や、危険の回避の仕方などの情報をしっかりと、身につけておくべきでしょう!

ダイビングをするかどうかの最終的な決定は、誰にも決められるものではありません。

あなた自身ということを覚えておきましょう!

まとめ

コンディションの評価は、ダイビングをするにあたって、とても重要な役割を担っていると考えています。

コンディションの評価をして、あなた自身の限度を超えたダイビングだったり、不安な気持ちや、大きな心配がある場合は、ダイビングポイントを移動するなどの対処法を考えましょう!

最終的な判断は、あなた自身です。

あなた自身の安全はあなた自身で守る意識をしましょう^^

メニューの確認はこちらをクリック!

お問い合わせはこちらをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

takahiro

e-diving代表 たかひろ(28) 超~がつくほど、ダイビング好き!! 「海から見上げる太陽」と「無重力感」に感動し、ダイビングの虜に。ダイビングインストラクターとして、お客さまに「ダイビングって、最高。」って感じてもらえるよう、まごころ込めてダイビングサービスを提供中! 群馬県出身/1989.09.19/B型/おとめ座