これで無重力を体感!ホバリングを習得しよう!

ダイビングは、無重力を感じることができるスポーツです。

言い換えるのであれば、ダイビングの魅力でもあります。

そんな無重力を感じるのは、中性浮力という状態にならなければいけません。

中性浮力の取り方も含め、ホバリングの説明をさせていただきます(^^♪

中性浮力とは?

浮力は引力を相殺してくれます。

ということは、浮く力と沈む力をうまくバランス取れば、浮きも沈みもしない状態になるんです。

そのことを、中性浮力と呼んでいます!

中性浮力の取り方

中性浮力は3つの観点から、取ることができます^^

適正ウエイト量にする

適正ウエイト量にしないと、浮き過ぎたりや沈み過ぎたりといった事態が起こってきます。

そのため、適正ウエイト量にすることをおすすめします^^

これで水中も楽々!ウエイト・チェックと適正ウエイトを見分ける方法!

BCDの空気を出し入れする

BCDの空気を出し入れすることによって、自由にプラス浮力(浮く)にしたりマイナス浮力(沈む)にしたり中性浮力にしたりとできます。

BCDに空気を入れると体積が増え、空気を抜くと体積が減ります。

これをうまくコントロールして、中性浮力を取るんです(^^♪

呼吸でコントロールする

肺は浮袋の代わりになるんです!

なので、息を吸うと浮力が増えて、息を吐くと浮力が減ります。

呼吸でもある程度、コントロールできますよ^^

ホバリングとは?

手足を動かして同じ深度を維持しようとしなくても、中層でぷかぷかと浮かんでいることができる状態のことです!

ホバリングの方法と手順

中性浮力を取ります

水底をそっと押すようなイメージで、1mほど浮かび手足を動かさずに深度を維持します

呼吸をコントロールして、微調整をしながら浮力をコントロールします

※浮くようであれば、息を吐いて、少なめの肺活量で呼吸をします

※沈むようであれば、息を吸い、多めの肺活量で呼吸をします

呼吸でコントロールできない場合には、BCDの空気を出し入れして空気の調節をします

ダイビングの最も大事なルールを忘れない

ダイビングの最も大事なルールは、常に呼吸を続け、絶対に息を止めてはいけないことです。

上手に浮力のコントロールができないからといって、息を止めて浮力をコントロールしようとしてはいけませんよ(^^♪

動画をご覧ください。

まとめ

ホバリングができることによって、無重力を感じることができます。

そうすると、ダイビングが何倍にも楽しくなるので絶対に習得しましょう(^^♪

メニューの確認はこちらをクリック!

お問い合わせはこちらをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

takahiro

e-diving代表 たかひろ(28) 超~がつくほど、ダイビング好き!! 「海から見上げる太陽」と「無重力感」に感動し、ダイビングの虜に。ダイビングインストラクターとして、お客さまに「ダイビングって、最高。」って感じてもらえるよう、まごころ込めてダイビングサービスを提供中! 群馬県出身/1989.09.19/B型/おとめ座