耳抜きが不安な方のための、耳抜きの方法とコツ!

ダイビングでは、耳抜きができないと、海に潜っていけないといいますが、いったいなんでなんでしょう?

耳抜きの方法とコツについて、お話していきたいと思います^^

耳抜きとは?

耳抜きとは、専門用語で圧平衡(あつへいこう※以下、耳抜き)といいます。

なぜ、耳抜きをしないといけないの?

水深が深くなればなるほど、からだに圧力がかかってきますが、その圧力とからだのなかにある空間の圧力を均等にしないと、圧力を感じることになります。

そのため、耳抜きが必要になってきます^^

※人のからだは大半が水でできているため、増加する圧力を感じません。圧力を感じるのは「体内空間」「からだに接している空間」です!

耳抜きをしないで潜るとどうなるの?

簡単に答えてしまうと、からだに影響が出る場合があります。

耳抜きをしないと、以下のおそれがあります。

中耳に血液や体液がたまる!

中耳炎になるリスクや、もっとひどくなると激しいめまいや難聴を起こしてしまう場合があります。また、潜水性中耳炎になると難聴や耳がふさがったような状態になります。

鼓膜が破れる!

鼓膜が破れてしまうと、平衡感覚を失い、激しいめまいが生じます。そうなってしまうと治療が必要になります。

耳抜きをする3つの方法!

耳抜きをするには、潜っていきながら空気を空間に送り込んであげるだけです!

鼻をつまんで耳から空気を抜く方法!

鼻をつまんで、そっと鼻へ息を送り込みます。そうすると、肺からの空気が耳へ送り込まれます。

鼻をつまんでつばを飲む方法!

つばをごくんと飲むと、耳が動いた感覚が生じます。

この方法でも、耳抜きはできます!

鼻をつまんであごを左右に動かす方法!

鼻をつまんで、あごを左右に動かしてみたり、あくびをしてみたりする方法です。

※鼻をつまんであくびをする方法は、呼吸器(レギュレーター)を外しておこなうので、初心者のかたにはおすすめしていません。

耳抜きのコツ!

耳抜きの方法の次はうまく耳抜きができるよう、コツをお伝えします!

こまめに耳抜きをする!

水深がだんだんと深くなり、耳抜きをしていないと「違和感→圧迫感→痛み」に変わってきます。

この初期の段階の「違和感」のところで耳抜きをするようにしましょう(^^♪

また、「圧迫感」のところまでいくと、耳抜きがしにくくなったり、できなくなってしまったりなんてことがありますので、気を付けてください。

基準としては、1m潜るごとに耳抜きをしましょう!

そうすれば、「圧迫感」や「痛み」を感じることはありません^^

耳抜きをしても、できない場合は?

インストラクターに合図する!

耳抜きができない時は、インストラクターに合図をしましょう!

合図がないと、インストラクターは耳抜きができているかどうかということがわかりません。

合図の方法はハンドシグナルで、耳を指差して「なにか変だ」と伝えてください。

合図の方法はこちらです!

圧迫感がなくなるまで浮上し、もう一度やってみる!

圧迫感があるところで、耳抜きをしようとするとどうしても抜けない場合があります!

そんな時は、圧迫感がなくなる水深まで戻り、再度耳抜きをしてください!

耳抜きができたら、前の潜るスピードよりも遅く、ゆっくりと潜っていくようにしましょう^^

それでも耳抜きができない場合は中止する!

耳抜きの方法をいくつか試して、浅い深度でも耳抜きができない場合は、中止しましょう!

また、風邪をひいている時や、アレルギーがある時もダイビングを中止しましょう!なぜなら、耳抜きができない場合が多いからです。

耳以外に痛くなる場所はあるの?

「体内空間」と「からだに接している空間」が痛くなるのですが、耳以外だと、副鼻腔(サイナス)マスクとの空間が痛くなります!

副鼻腔の圧平衡は、耳抜きと同じ動作で大丈夫です(^^♪

マスクとの間の空気の圧平衡は、マスクのなかに鼻から息を送り込むと解消できますよ^^

まとめ

耳抜きは「やさしく」しましょう!

力ずくで、無理矢理に耳抜きをしようとしてはいけません。強く長い耳抜きは、耳にとって、負担が大きいので聴力を失ってしまう可能性があります。

「みじかく・こまめに・やさしく」耳抜きはしましょう^^

おまけ

この器具は、オトヴェントといい、耳抜きの練習に使われています!

はじめてダイビングにチャレンジするかたや、耳が抜けにくいかたにおすすめです!

もし、耳抜きに不安を感じるようであれば、試してみてください(^^♪

メニューの確認はこちらをクリック!

お問い合わせはこちらをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

takahiro

e-diving代表 たかひろ(28) 超~がつくほど、ダイビング好き!! 「海から見上げる太陽」と「無重力感」に感動し、ダイビングの虜に。ダイビングインストラクターとして、お客さまに「ダイビングって、最高。」って感じてもらえるよう、まごころ込めてダイビングサービスを提供中! 群馬県出身/1989.09.19/B型/おとめ座