ボートエントリーでの王道!バックロール・エントリー!

海にエントリーする際にイメージがつきやすいのは、このバックロール・エントリーではないでしょうか(^^♪?

バックロール・エントリーを知ることによって、さまざまなメリットがあります。

ボートでのエントリーはもちろんですが、低い桟橋でのエントリー、器材を背負って立つことのできない人に大きく役立つんです。

それでは、説明させていただきます(^^♪

まずは、動画をご覧ください

バックロール・エントリーの方法、手順

バックロール・エントリーは座ったままエントリーをする方法です。

これから、バックロール・エントリーの方法と手順についてお伝えしていきます(^^♪

BCDに空気を半分ほどいれる

片手でマスクとレギュレーターを同時に押さえて、もう片手でストラップを押さえる

あごを胸のほうに引く

うしろのほうに体重をかけて、そのままタンクの重みで水に入る

水面に出るまでは、しっかりと押さえておく

水面で姿勢が安定したら、OKサインを出して次のひとがエントリーをしやすいようにその場を離れてあげる

バックロール・エントリーの注意点

バックロール・エントリーは、水面までの距離が遠いとからだが回転してしまい間違った位置でエントリーしてしまうことがあります。

ですのでバックロール・エントリーは、水面が比較的近い場合に使う方法というのを覚えておいてください(^^♪

BCDに空気をいれるのを忘れない

BCDに空気をいれておかないと、そのまま沈んでいってしまいます。

ですので、BCDに空気をいれるのを忘れないようにしましょう(^^♪

マスク・レギュレーター・ストラップを押さえるのを忘れない

この3つを押さえておかないと、エントリーしたときに外れてしまう可能性があります。

エントリーして、どれか1つでも外れてしまうとストレスを感じやすくなります!

なので、しっかりと押さえておくように注意をしましょう(^^♪

あごを引くのを忘れない

あごを引いてエントリーをすることによって、しっかりとシリンダータンクからエントリーできるようになります。

これは、めったにないことですがエントリーしてサンゴ等に頭をぶつけてしまわないための対処法です!

シリンダータンクから落ちることによって、防ぐことができます。

あごを引きながら、エントリーを心掛けましょう(^^♪

まとめ

バックロール・エントリーは、座ったままエントリーする方法です。

最初は、うしろに転がるのに、勇気が必要なかたがいらっしゃるとは思いますが慣れてしまえば、なんの抵抗もなくエントリーできてしまいます。

そして、しっかりとしたエントリーをすれば、安全なエントリー方法です!

ダイバーに近づく第一歩ですよ^^

メニューの確認はこちらをクリック!

お問い合わせはこちらをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

takahiro

e-diving代表 たかひろ(28) 超~がつくほど、ダイビング好き!! 「海から見上げる太陽」と「無重力感」に感動し、ダイビングの虜に。ダイビングインストラクターとして、お客さまに「ダイビングって、最高。」って感じてもらえるよう、まごころ込めてダイビングサービスを提供中! 群馬県出身/1989.09.19/B型/おとめ座