日本にいるクマノミ6種類!

今や、魚を代表するまでになったクマノミ!

そんな代表格でもあるクマノミが、沖縄でもみれます^^

日本では、6種類のクマノミが生息しており、それぞれ特徴があります!

それでは、紹介していきます(^^♪

クマノミの種類!

クマノミ

クマノミはオレンジ色のからだに2本白い線が入っています!

「え!?クマノミにしては色が黒くない?」と感じるかたもいらっしゃると思いますが、これを、黒化現象といいます!

この黒化現象には3つのタイプに分けられます!

成長過程で黒くなる!

特定の地域で黒くなる!

特定のイソギンチャクで黒くなる!

なんとも不思議な現象ですね(^^♪

ハマクマノミ

オレンジのからだに、1本白い線が入っています!

ハマクマノミは6種類のなかでいちばん凶暴な性格と言われています!(凶暴と言っても人間は襲いませんが。。)

小さい魚なんかは、イソギンチャクの近くに寄るとすぐ退治されてしまいます。そんなのを観賞していると、つい時間を忘れてしまうんですよね(笑)

カクレクマノミ

カクレクマノミは、オレンジ色のからだに3本の白い線が入っています!

一躍、映画で有名になりましたね^^?クマノミをここまで知名度をあげたのがこのカクレクマノミだと言ってもおかしくはないでしょう(^^♪

セジロクマノミ

セジロクマノミは、オレンジ色のからだに唇から尻尾の最後まで1本の長く白い線が通っています!

セジロクマノミは、イソギンチャクへの依存が高く、あまりイソギンチャクから離れて行動しないため、おとなしい性格をしています^^

ハナビラクマノミ

ハナビラクマノミは、白ピンク~赤黒っぽいからだに、背びれに1本の白い線とエラに細く白い線が両脇に1本ずつあるのが特徴です!

名前の由来は、昔は飼育方法が難しく、花びらが散るように亡くなっていったのが由来です。

ハナビラクマノミもイソギンチャクの依存が高いので、おとなしい性格をしています^^

トウアカクマノミ

トウアカクマノミは、名前の通り頭が赤くなっています!そして、背にある白の斑紋が特徴です^^

トウアカクマノミは、沖縄でみられる6種類のクマノミの種類のなかでいちばんレアです!

実際にクマノミに会える確率は?

沖縄の海では、種類関係なしにしたら、9割以上はクマノミに会えます^^

それほど、わたしたちダイバーに慣れ親しんだお魚ということですね(^^♪

そしてクマノミは、わたしたちダイバーの注目の的で、写真をみんなから撮られる人気者です^^

まとめ

日本にはクマノミは6種類いて、沖縄では6種類すべてのクマノミをみることができます^^

沖縄でクマノミに会って、最高の想い出を作っちゃいましょう(^^♪

メニューの確認はこちらをクリック!

お問い合わせはこちらをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

takahiro

e-diving代表 たかひろ(28) 超~がつくほど、ダイビング好き!! 「海から見上げる太陽」と「無重力感」に感動し、ダイビングの虜に。ダイビングインストラクターとして、お客さまに「ダイビングって、最高。」って感じてもらえるよう、まごころ込めてダイビングサービスを提供中! 群馬県出身/1989.09.19/B型/おとめ座